風俗で働く前に体験入店について知っておこう!

風俗で働いて稼ぎたいと思っている女性のみなさん!体験入店で仕事を理解した上で働いてみましょう。 - 面接を受ける前に準備すること

面接を受ける前に準備すること

応募したいジャンルが決まったら、面接を受ける前の準備を入念に行ってください。面接時間は20分程であっという間に終わってしまいます。短時間でコンパクトに自己PRをしましょう。

身だしなみには細心の注意を払ってください

風俗嬢のイメージというだけで、香水をつけマイクロミニのスカートをはいてしまうと、店の雰囲気と合わずマイナス評価になる場合があります。意外に思われやすいのですが、キャバクラは清潔感・清楚さのニーズがあります。髪をきちんとまとめ、シンプルで明るいカラーのスーツに控えめなオードトワレだけの方が好印象なこともあります。先入観にとらわれすぎない様にしましょう。

志望理由は分かりやすく、短く

「どうしてうちの店を受けようと思ったの?」「なぜキャバクラなの?」という質問は必ずあります。具体的に理由があって応募する女性は、採用した後も長く働く傾向があるからです。応募した理由はあらかじめ考えておきましょう。
面接時間は限られていますので、短くまとめることが大切です。身の上話から長々と話しても同情はされませんし、とりとめのない話しかできないとマイナス印象になってしまいます。一番通いやいアクセスだった・目標収入を達成できそうだった・・・など具体的で短く伝えましょう。

マストアイテム 質問メモを作りましょう

応募先を探す上で疑問に思ったこと、サイトを見ただけでは分からないことについては、思い付く限り質問しましょう。働くことに前向きな印象を与え、好印象につながります。
意味の分からない業界用語や、働いていることを家族にバレないようにしてほしいといった悩みまで、具体的に伝えてください。丁寧に受け応えてくれる店長であれば、労働環境も良く安心して長く働けるでしょう。
面接は、自分の知りたいこと・PRしたいことと店側が知りたいことを情報交換する場です。時間は限られていますから、戸惑いや緊張はさておき、具体的に短くまとめることがポイントです。終了後は、相手の業務時間を頂いたことへの感謝を必ず伝えましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP